2008年12月25日木曜日
今年が最後!? PM-700Cでつくる年賀状

毎年の恒例行事の年賀状
そこで活躍するわが家のプリンタはEPSON PM-700C

2000年の5月にYahoo!オークションで8,900円で買ったそのプリンタは、購入後8年たってもいまだに現役である(!)


まぁ、毎年50〜60枚ぐらいの年賀状に使う以外は、年に数回しか使っていないので、ほとんど年賀状用プリンタと化していたわけだが…、毎年引退がささやかれる(?)ようになって3〜4年が経過しながら今に至っている。

何年か前から明らかに「ギーギーガーガー」とうるさくなり、さすがにそろそろ限界(寿命)だろうと思っても、最新プリンタに比べていったい何倍の時間がかかるんだ(>_<; というぐらいの時間がかかっても…、これまでは仕上がり品質を落とすことなく仕事を終えていた。

しか〜し。。。

今年は「ギーギーガーガー」に加え、「キーキーキュルキュル」という高音のかなり耳障りな音まで聴こえてきて、まるでイギリス産業革命のような(?)前時代的な印刷機械の様相を呈してきた。(*_*;;

郵便屋さんの呼びかけ時期(25日までにお出しください)には遅れてるが、例年よりは早い方の今年の年賀状制作。

最後まで動いてくれるだろうか。

もし最後まで動いてくれたとしても、来年はこれまでの労をねぎらいつつ、引退してもらおうかな。



5 コメント | コメントを書く  

5 コメント:

taro さんのコメント...

す、すごい!
この型のプリンタまだ使っているんだ。
よくヘッドを壊さず(長期間未使用で壊れる)使い続けたね。Epson関係者が見ていたら感動してくれるでしょう(笑)

2008年12月30日 9:52  

greenbee さんのコメント...

>taroさん

はじめまして。コメント残してくれて
ありがとうございます。m(_ _)m

そうなんですか。
年に数回使用のタイミングが
ほどよくヘッドの状態を維持してるんでしょうか(?)

だいたいは物もちがいい方なんですが、
(別の言い方ではケチですね)
ホントにこのプリンタはよくまだ使えてるなぁ
という感じで、基本設計が優れてるのかなと
感心しています。

未だにインクカートリッジが近くの家電店で手に入る
というサポートもEPSONさんに感謝ですね。

と言いつつ確認してるのは去年までだなぁ。
今も置いてるかな?(+_+;

2008年12月30日 13:28  

greenbee さんのコメント...

追記:純正カラーインクカートリッジ(PMIC1C)、晦日に近くのデオデオで潤沢な在庫を確認。とりあえず1コをゲット。
この1カートリッジ分が使えたらそれでラストになるか?

2009年1月2日 1:11  

木下克俊 さんのコメント...

あけましておめでとうございます。
PM-700Cでつくられた年賀状が届きました。
ありがとうございます。
さすが、ハードが古くても、使う人が達人で
あれば、素晴らしい出来の印刷物が出来上がりますね。
今年もよろしくお願いします。

2009年1月2日 20:26  

greenbee さんのコメント...

>木下克俊さん

コメントありがとう。

今年の年賀状は、年始挨拶に加えて
阿麻和利の宣伝まで盛り込んでしまった
(欲張ってしまった)結果だね。

  テクニック以上に
  もっと大事なことが
  あることを忘れちゃいけない。

  言いたいこと、
  伝えたいことをシンプルに。

そう考えているつもりだけれど…
まだまだ修業がたりないんだなぁ

その点、そちらからの年賀状は
分かりやすくてさすがだね。
どうもありがとう。

その中の写真。

Kくんの背景に広がるイノー(浅瀬)が、

  人は生まれてから命尽きるまで、
  地球の自然の営みと共に生きていくんだ

そんなメッセージまで想起させるような
ダイナミックな写真だったね。

ブログも
いつも考えるきっかけをありがとう。

こちらこそ、今年もよろしく。

2009年1月2日 22:42  

コメントを投稿

Template Design: © 2007 Envy Inc.